VIO脱毛可能な部位とそうでない部位

VIO脱毛というのは、そもそもどこの部位をあらわすのでしょうか。VIO脱毛なんて当たり前に言いますが、いまいち箇所がわからなかったりしませんか?そこで簡単に解説してみます。

まず、Vライン。これは別名ビキニラインとも言います。正面から見たデリケートゾーン、ショーツのV字にそって生えている部分です。

次はIラインです。性器周辺に生えている部分です。性器の両サイド辺りです。蒸れの原因にもなるのがこのIラインのムダ毛なのです。

最後はOラインです。これは肛門の周りに生えている毛のことを指します。なかなか説明の言葉だけではわかりづらいかもしれませんね。

そんなデリケートな部位のVIO脱毛ですが、脱毛の出来ない部分もあるかもしれないことを知っていますか?それは粘膜の部位です。

粘膜って?粘膜部分とは、性器ギリギリのIラインの内側辺りのことです。この部位はかなりデリケートな為、万が一のトラブルを考えてエステでの対応はできません。

そのために粘膜部分まで脱毛したい方はかならずクリニックでVIO脱毛をうける必要があるのです。

しかしクリニックでもギリギリなところまでしかしてくれなかったりするお店もあります。

Iライン、指1本分残ったなんて話もありました。その一方で『粘膜部分もできます』とサイトにしっかり記載されているクリニックもみかけました。

粘膜の部位までやって欲しいのならクリニックの医師の許可を得て、そしてちゃんとやって欲しいことも自分から伝えましょう。

それから、この部位はかっなり痛いとも聞きました。確かに想像しただけで痛そうな部位ですよね。

痛がりすぎると出来ない、中断されてしまう場合もあるので、やるからには耐えましょう。

このような感じで確実なのはクリニックで粘膜部位もできるか話を聞いてみることです。

VIO脱毛エステランキングVIO脱毛クリニックランキング


ミュゼ 脱毛キャンペーン